Fluer Thanks Giving Project

花とみどりの感謝祭プロジェクト[2017年~]

Fluer Thanks Giving Project の WEB サイトはこちら。

6月2日は、「ローズの日」。
(一社)ブルガリアンローズ文化協会が、ブルガリアのバラの谷では100年以上続く「バラ祭り」でバラの収穫を祝う美しい感謝祭が開催され、その文化を日本でも広く定着させることで、バラの花のもとに人々が集い、温かな平和な世の中になることを願って、2017年に記念日登録をしました。横浜市にとっては6月2日は「横浜開港記念日」であり、1981年に始まった港のお祭りに系譜をもつ「横浜開港祭」の日。バラの花のご縁が重なり、(一社)ブルガリアンローズ文化協会が横浜市に「ローズを通じて感謝を伝える文化」を共創することをご提案し、コミュニカーレはその企画提案活動と実施をプロデュースさせていただきました。

地域経済社会と一緒になって「ローズを感謝の気持ちの象徴として、大切なひとに感謝を伝える場と機会を共創する」という社会価値を共創することができれば、母の日やバレンタインデーのようにコト消費を刺激することができるのではないか。そんな仮説から始まった、実証実験プロジェクトでした。

コミュニカーレは、「いのち」と「いのち」の「多様な繋がり」を感謝しあう気持ちを大切にすることで、豊かで幸福な世界を、共感シェアできるパートナーのみなさまと一緒に共創していくことを志しています。

「まち」を花とみどりで豊かに彩ることによって「ひと」の暮らしを豊かにしていくとの横浜市の想い、そして、(一社)ブルガリアンローズ文化協会が横浜市に「ローズを通じて感謝を伝える文化」を共創していくとの想いに共感し、これからも「ローズを通じて感謝を伝える機会と場を共創する」活動を通じて、私たちひとりひとりのウェルビーングを実現していく機会と場を、コミュニカーレはたくさん増やしていきたいと考えています。2017年から横浜市にて本活動への取り組みを始め、2018年には(公財)東京都公園協会もコンセプトと想いに共感をいただき、バラの花の美しさに定評のある旧古河庭園と神代植物公園とイベントの企画と開催をご一緒させていただく機会に恵まれました。

ブルガリアのバラの谷から、日本の文明開化の中心であったYOKOHAMAへ。そして、YOKOHAMAからTOKYO、日本、そして世界へ。
これからも、さまざまな共創パートナーのみなさまと共に、花とみどりの感謝祭として「Rose Thanks Givingの文化」 を未来へと紡いでまいります。

 

PAGE TOP